PAGE TOP

年齢肌と戦うOL日記

TOPPAGE > 整ったキメの小さな肌は女性なら誰でも憧れます

整ったキメの小さな肌は女性なら誰でも憧れます

整ったキメの小さな肌は女性なら誰でも憧れますよね。



美しい肌を保つためには、1にも2にも保湿が一番です。しっかり潤いを持ち続けている肌はハリのある肌はトラブルにも強いです。そして、保湿の為に意外と必要と言われているのが、日焼対策です。

紫外線は乾燥の原因になりますので、適切に対策をたてることが大事です。


近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方はもう一度、洗顔方法を考え直してみるのも一つの手です。
くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。睡眠不足(人によって適正な睡眠時間は異なるといわれていますが、睡眠不足状態が長く続くと、心身に良くない影響が生じることが多いです)や食生活などが乱れると肌のターンオーバーがスムーズにおこなわれなくなり、毛穴に古い角質でふたをして、せっかくの化粧水がお肌に上手く入っていかないなんて状態になってしまいます。

そうならないような洗顔の方法としては、ぬるめのお湯を使って、肌の保湿成分が配合された洗顔料でしっかり泡立てて洗うことです。週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング石鹸を使用するととても効果が期待ができます。

シミやそばかすなどが肌に出来てしまっ立ため、ちょっとでも目立たなくしたいと思い、特にビタミンC誘導体が配合された美容液を利用しています。
洗顔して汚れを落とした後、清潔な指先に美容液をとり、そばかす、シミが出来てしまっ立ところに、軽くトントンとパッティングしながらなじませていくのです。

使い続けて約一ヶ月くらいで、シミとそばかすが、少しずつ薄くなってき立と実感し立ため、嬉しくて、喜びの気持ちでいっぱいです。
基礎化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。
食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)はお肌にその通りつけるように造られているため、当然大事ですが、良い素材が使われているかにもこだわりたいものです。


肌にダメージを与えないためにも、使われている成分や原材料をよく見て、化学物質のふくまれていないもの、可能な限りオーガニックな素材の製品を選ぶのがいいでしょう。


近頃になって、オールインワン化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。

食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)がもはや常識になりましたね。そのなかにもエイジングケアと称したオールインワン化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。
食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)には、各社とも注目をしているようです。
配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドといわれる肌の保湿に関係するものが主ですが、アスタキサンチンが注目の的になっていることもあり、鮮やかな赤色のエイジングケア化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)が多くなってきています。


私の母は、顔を朝洗う時、石鹸や洗顔フォームといったものを使いません。
母は石鹸や洗顔フォームを使わずに水だけで顔を洗う人です。母によると、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、貴重な皮脂が全部落ちてしまってお肌のためによくないから水だけで洗顔すべきという石鹸不用説をよく教えてくれます。



そんな母は65歳にもか換らず輝いています。
私の母親は数年来顔にできてしまったシミにじっと考え込んでいました。

そのシミのサイズは十円玉くらいのものが一つ、もうちょっと小さいものがいくつかところどころ両頬にできていました。


約1年前、母の友達で美肌と言われる方から「シミには発芽玄米がいい」と聞き、さっそく毎回のご飯に可能な限りとりいれてきました。

だから、シミは薄くなっています。お肌のお手入れをちゃんとするかしないかで、スキンケアの効き目の大きな差が感じられてきます。



メイクがちゃんとできるかもお肌の調子で変わってくると思います。
肌の調子が良い状態でキープしておくためには、丁寧なお手入れをおこなうことが大事なことだと思います。まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミがちらほら見られるようになってしまいました。
原因はよくわかっていて、日光にふくまれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。

幼い我が子とほとんど毎日、公園で遊んでいました。おでかけの準備は戦争です。子供の持ち物を揃えるだけで一仕事、自分の日焼けのことなんて、ころっと忘れて出かけてしまうこともしばしばです。でも、幾ら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。


後悔先に立たずですから。炎症が肌にありますと、気がついたらシミになっていたなんて事があるものです。

例として、ほんのささいな外出における日焼けです。



赤く痛むときは持ちろんの事、何も感じなくても分からないだけで軽い炎症が起こっています。
肌の基礎的なケアとは、日焼け対策なのかもしれないです。
Copyright (C) 2014 年齢肌と戦うOL日記 All Rights Reserved.